ユーロファイター タイフーン

ユーロファイター タイフーン (Eurofighter Typhoon)は、NATO加盟国のうちイギリス、イタリア、スペイン、ドイツ(計画開始当時西ドイツ)の4ヶ国が共同開発し た戦闘機で、デルタ翼とコクピット前方にカナード(先尾翼)を備え、カナードデルタ (canard-delta)と呼ばれる形式の機体構成をもつマルチロール機。名称はEFAからEF (Eurofighter) -2000に変更され、1998年には輸出市場向け名称として名付けられたタイフーン(Typhoon)が愛称となっている。ただ しこの愛称は第二次世界大戦においてドイツ攻撃に活躍した戦闘爆撃機ホーカー タイフーンを想起させることからドイツとイタリアでは採用されておらず、単にユーロファイターと呼ばれている。なおBAE システムズの日本語公式サイトではユーロファイター・タイフーンと表記されている。

クロースカップルド・デルタ翼はデジタル・コンピュータに常時制御されていて、操縦者の命令に従い安全な飛行姿勢 が維持できる範囲内で最適化され、超音速飛行時だけでなく低速時でも安定性が確保される。操縦者は耐Gスーツと 加圧呼吸装置で長時間9Gに耐えられる。これにより急激な速度変化や旋回が可能となった。人体と機体が耐えられ る限界は9Gである。なお、従来機ではこの荷重に数秒しか耐えられない。F-22同様、アフターバーナーを使用しなくても超音速飛行が可能なスーパークルーズ性能を備える。空虚重量でマッハ1. 5、全備重量でマッハ1.3を発揮できる。

ステルス性能

前方からのRCS低減のみに配慮されたと言われる機体は、電波吸収材の多用により、トーネードに比べレーダー反射 断面積(RCS)が4分の1以下に減少した。BAESの評価では正面からのRCSの値は最新型F/A-18E/Fやラファールよりも小さく、ステルス機に次ぐという評価もある。最近の報道では機体のRCSは一般的な中小型 戦闘機の20%、もしくはそれを下回る数値である1m²以下だと推定されている。また2010年時点の情報によれば、0.05 ~0.1m²とも言われている。

航空自衛隊の老朽化したF-4EJ改戦闘機の更新計画として進められていた第4次次期戦闘機F-Xの候補の1つとしてタイフーンの導入が検討され、当機の日本への売り込みは英国のBAEシステムズ社が主に担当し 、イタリアのアレニア・アエロナウティカ社もその支援に当っていた。が、最終的に日本はF-35A 42機の導入を決定した。

 今回の日本の次期戦闘機選定に対するBAEシステムズ社の意気込みは大きく、アビオニクスをはじめとする日本独 自の電子機器類の搭載や誘導弾等への対応と、ライセンス生産までも認めるなど、競合機と比べてかなり柔軟な売り 込み姿勢をとり、副社長その他の幹部、テストパイロットなどが幾度も来日して会見や日本政府など関係各方面への 働きかけを行っていた。

 BAEシステムズ社は、日本におけるタイフーンのメリットを、価格水準と取得性の高さ、機体性能の高さ、日本におけ るライセンス生産と機体組み立てにおける日本航空機産業の関与、参加の保証、等を以って積極的にアピールしてお り、2007年5月31日には三菱重工業とユーロファイターの生産ライセンス供与について交渉したことを発表している。

   2010年8月に平和・安全保障研究所の松村昌廣から3-4飛行隊(60-80機)のタイフーン即時導入を求める提言を公表した。

機首周りのディテール

Home

HOME

戦闘爆撃機ホーカータイフーン

BAEシステムズ社のマーケティング資料では、本機がアメリカ製の最新戦闘機F-22には空戦能力の点では劣ると認めた上で、F-22とF-35の両機それぞれの得意分野である空中戦闘能力と対地攻撃能力の両方を1機種でカバーできる、フォース・ミック スの観点でも優れた戦闘機として各国軍への宣伝を行なっている。またタイフーンは、対空対地両方の装備をした上 で作戦中に、敵航空戦力の迎撃を受けた場合でもその状態のまま反撃を行うことが可能としている。これは、航空作 戦時に敵の航空機による攻撃を受けた場合には、爆装を放棄し自機の迎撃を行うしかない既存機よりも大きなメリット であるとしている(これをBAEシステムズ社では、マルチロールと区別する意味でスイングロールと呼んでいる)。

低翼機であるが、空気取込口が胴体下にあることもあって主翼下のグランドクリアランスが広く、また、翼端を除いて1 3ものハードポイントがあり、7.5トンの兵装搭載容量を持つため、攻撃機としての能力が高い。トランシェ1ブロック5から はPIRATE(受動式赤外線探知装置)を装備し、胴体下にイスラエルのラファエル社製、ライトニングIII目標指示ポッドを 搭載できる。

制空

小型の機体に出力の大きなエンジンを備え、高速での格闘戦闘でも有利な性能を備える。制空仕様の場合には中/ 長距離対空ミサイルを6発、短距離対空ミサイルを2発、外部燃料タンク3つを同時に搭載できる。

機動性

また、空対空ミサイルを6発装備した状態で超音速巡航飛行が可能とされ、空対空装備時にマッハ0.9からマッハ1.5へ アフターバーナーを使用し加速する場合、所要時間はF-35の2/3で済み、マッハ1.5における維持旋回率はF-35の二倍とされる。空対空装備時における推力重量比は1.13。

イングランド北西部において2005年に行われた共同訓練中に、タイフーン複座機に2機のF-15Eが襲いかかったものの、ドッグファイトでタイフーンに撃退されたという説がある。

イギリス防衛評価研究所(DERA)の試算をもとに、改良型Su-27(Su-35相当)と撃墜/被撃墜を比較するとタイフーンは3から4.5対1の割合で有利である。

対地

トランシェ1ブロック5よりレーザー誘導爆弾の運用能力が付加され、トランシェ2ブロック15から巡航ミサイルや対装甲ミ サイル、超音速で爆撃可能な各種爆弾の運用を可能にする計画がある。

対水上

トランシェ2以降はハープーンなどの対艦ミサイルを最大6発搭載し、艦船に対する攻撃能力を有する。この場合でも、 対艦ミサイルの他に外部燃料タンクと6発の空対空ミサイルを同時に積載できる為、海上脅威に対する任務遂行中に 航空脅威に遭遇しても十分対応できる能力を持つ。

タイフーンの価格は、F-16よりは高く、F/A-18E/FやF-15Eよりは安い価格が示されているとされる[3]が、情報は少ない。2005年にサウジアラビアが当時のレートで約1兆20 00億円で約72機(諸説有)購入したことから、当時の価格は1機100億円以上であったと憶測されている。

インテイク周辺のディテール

ネーミングの由来からして先の大戦の影響をもろに見せて いるユーロファイター。ドイツで実物が飛んでいるのを目撃 して以来ファンになりました。実際飛んでいる姿は軽快その もの、小型の機体に大出力エンジンをつけているという高機 動性の片鱗を実際に見てしまいました。模型はつい最近(20 12年)、ハセガワから1/72が出たところです。欧州からはたく さんのメーカーから色々なサイズでキット化されいるので目 移りするところです。小型の機体に武装をずらりとぶら下げ て飾るのもまた一興。サウジなど各国の塗装を楽しむのも お面白いと思います。パイロットが写った画像も選びました。 フィギュアの出来がいいと塗って乗せたくなりますからね。

カナード翼のついた機首は見せ場です 。油圧ダウンするとこんなふうになるのでしょうか?キャノピーのくびれなどもよく分かる画像です。

資料 資料

Warning: simplexml_load_file(http://shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/itemSearch?appid=VFT_pSyxg64fHW6oOmQPC4abDRPsKrkWEChSi.Afjg36plm_PQNKXoF0y5jylg--&hits=3&query=%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%801/72&affiliate_type=vc&sort=%2Bprice&affiliate_id=http%253A%252F%252Fck.jp.ap.valuecommerce.com%252Fservlet%252Freferral%253Fsid%253D3030071%2526pid%253D881599855%2526vc_url%253D) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 403 Forbidden in /home/member/sitemix_159960/site/typhoon.php on line 158

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/itemSearch?appid=VFT_pSyxg64fHW6oOmQPC4abDRPsKrkWEChSi.Afjg36plm_PQNKXoF0y5jylg--&hits=3&query=%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%801/72&affiliate_type=vc&sort=%2Bprice&affiliate_id=http%253A%252F%252Fck.jp.ap.valuecommerce.com%252Fservlet%252Freferral%253Fsid%253D3030071%2526pid%253D881599855%2526vc_url%253D" in /home/member/sitemix_159960/site/typhoon.php on line 158
XMLパースエラー