PAK FA T-50

PAK FA(パクFA(エフエイ)とは、Perspektivnyi Aviatsionnyi Kompleks Frontovoi Aviatsii (ロシア語:Перспективный Авиационный Комплекс Фронтовой Авиации 英語:Future Air Complex for Tactical Air Forces)の略称で、戦術空軍向け将来戦闘複合体を指し、ロシア空軍で旧式化しつつあるMiG-29やSu-27の代替となる戦闘機を開発するI-90計画(MFI、LFI、LFS)に変わって開発・製造される第5世代ジェット戦闘機の開発計画である。

概要

LFS計画中止の直後に後継計画として2001年に開始され、ミコヤン、スホーイの設計局がデザイン案を提出し、競合 の末2002年4月26日にスホーイ案が採用された。敗れたミコヤンと、開発パートナーに指名されたヤコヴレフは製造の 15%を受け持つのみとなった。開発機の名称はI-21、あるいはスホーイ内部の設計名称でT-50と呼ばれ、アメリカ軍のF-22やF-35の実用化に対抗すべく、実機の2009年の初飛行を予定していたが若干遅れ、2010年1月29日に無事に初飛 行を果たした。

ロシア空軍総司令官アレクサンドル・ゼーリン大将は、2007年12月12日、国営ロシア・ノーボスチ通信社とのインタビュ ーで、第5世代戦闘機の開発は、設計段階まで完了、設計図面は、新世代の航空機の試作機を製造する工場へ送ら れたと語った。また、スホーイ社総代表ミハイル・ポゴシャンは、「第5世代の多機能軍用機のテストは2009年に開始さ れ、2015年までに量産機の生産を始める事を計画している」と語った。


2011年8月にはMAKS 2011においてデモ飛行が行われた。

T-50

T-50の仕様に関する信頼できる情報はまだ少ないが、アメリカのF-22に対抗するために高度なステルス性と、サトゥールンAL-41Fターボファンエンジン(推力14.5t程度)2基の搭載によるアフターバーナー無しでのスーパークルーズの実現を目指 していると伝えられる。また、Su-47と1.44の技術を取り入れていると言われている。ノズルは推力偏向式でそれぞれ左右に+-16度、上下に+-20度ずつ可動し、高い空中機動性を発揮するともいわれる。特徴としては、全遊動式の垂直尾翼、エアインテークの前 方にあるストレーキが可動するといった点が見られる。

また、ロシア空軍などの関係者によると、機体には複数の空対地ミサイル、空対艦ミサイルを搭載でき、レーダーには 1,500個の素子で構成され、首振り可能な構造にしたAESA(Active Electronically Scanned Array:アクティブ式電子走査アレイ)「N050」 (仮称)を組み込み、これは空中32目標同時捕捉、8目標同時交戦を可能にするとみられている。

その上多くのジェット戦闘機同様に機首にレーダーが内蔵されるだけでなく、テイルコーン内、主翼内縁部、機首側面 部と主翼前縁外翼部等の複数個所にアクティブフェーズドアレイレーダーが搭載されるとみられ、これは対潜哨戒機等 のような大型機はともかく戦闘機ではおそらく世界初の構造。

2010年1月29日に試作機の初飛行に成功。2010年6月にはプーチン首相がT-50を2016年に配備することを決定した。

ソビエト機、いや、今ではロシア機と言うが正しいのだが、ロシア機は嫌いではない。フランス機やドイツ機には無い独特なフ ォルムが魅力的だ。

まだテスト機の領域の機体を選んだのがまずかったかも知れないが、写真は空撮が主だ。コクピットや脚など詳細は航空シ ョーでお披露目になるまでのおあずけかな・・・その時に詳細画像を追加しよう。

資料 Home

HOME

資料