F-35 ライトニング II

F-35 ライトニング II(英: F-35 Lightning II)はアメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発中の単発単座の多用途性を備えた ステルス戦闘機である。開発計画時の名称である統合打撃戦闘機(英: Joint Strike Fighter)の略称JSFで呼ばれる事も多い。

統合打撃戦闘機計画に基づいて開発された、第5世代ジェット戦闘機に分類されるステルス機であり、Xプレーンから 実用機となった唯一の機体である。

概念実証機のX-35は2000年に初飛行を行い、競作機となったX-32との比較の結果、X-35がJSFに選定される。量産機のF-35は2006年に初飛行し、現在でも開発は継続中である。アメリカ空軍への本機の納入は2011年から開始され、初期 作戦能力(IOC)獲得予定は2017年後半以降となっている[2]。米海兵隊は2018年以降からとされる。

JSFの名の通り、ほぼ同一の機体構造を用いながら、基本型の通常離着陸(CTOL)機であるF-35A、短距離離陸・垂直着陸(STOVL)機のF-35B、艦載機(CV)型のF-35Cという3つの派生型を製造する野心的なプロジェクトである。1960年代にも似たような運用構想でF-111が開発されているが[3]、F-35はそれと比較しても機体の小型化とステルス技術の進歩を窺わせるものがあり、また採用予定国も複数に上る。

アメリカ空軍・海軍・海兵隊、イギリス空軍・海軍などが採用を決定しており、あわせて数千機が製造される見込みであ るが、開発の遅延や当初予定より大幅なコスト高などの課題も抱える。2011年5月時点で開発総額は3850億ドル(31 兆円)に達している。

武装

本機の高ステルス性能を維持するためには、ミサイルや爆弾類の機外搭載は避けて胴体内兵器倉(Weapon-bay)の中に隠し持つようにして搭載する必要がある。隠密性より兵器の搭載能力が優先される場合には、機外に7ヶ所 あるハードポイントにパイロンを装着し、合計で約8トンの重さの武器を搭載できる。

空対空ミッションでは胴体内兵器倉に左右で最大4発のミサイルを、空対地ミッションでは同じく胴体内に2,000lbJDAM 2発搭載と中距離空対空ミサイル2発を搭載可能である。空対艦ミッションでは、兵器倉には搭載できないハープーン等 の空対艦ミサイルを主翼の下にぶら下げて運用するが、これではステルス性を損ねるため、代わりにF-35に搭載するためにノルウェーのコングスヴェルグ社がロッキード・マーティンと共同開発しているNaval Strike Missile(NSM)という、ステルス性のある形状の対艦ミサイルを兵器倉内部に搭載することとなる。

ロッキード・マーティンは兵器倉内部のハードポイントを現状より増やす研究を行っており、Block-3の機体からそれが可能になるとしている。ステーション数は、兵器倉内天井部は1つもしくは2つを交換式で選択でき るようにし、兵器倉外側扉の内側に2か所増設することで、最大5か所、左右合わせて10か所となる。また、内側扉内部 ステーションにAIM-9を搭載する際には専用の2連装ランチャーを用いるとしており、この場合だとAIM-9を2発搭載しつつ4か所のステーションが使用可能となる。

なお、F-35は日本の次期戦闘機に選定されたが、日本が独自に運用する99式空対空誘導弾(中距離対空ミサイル)は大きさ がAIM-120に比べ若干大きい事から、F-35の胴体内兵器倉への装着は「極めて困難」で、仮に兵器倉を改修したとしても、運用に必要な兵器システム(ソフト ウエア)の書き換えのためには、F-35に関する手間が増大することとなる。兵器システムの大部分を担任しているレイセオンでは、改修にかかる手間と費 用を考慮すれば、F-35のためにはAIM-120を導入することが望ましい旨の見解を示している。

翼下パイロンは左右3ヵ所ずつあり(一番外側は空対空ミサイル専用)各種ミサイル・爆弾が搭載可能である。胴体の下 にも1ヶ所あり、ステルス性を犠牲にする代わりに機関砲ポッドまたはコンフォーマルタンクを搭載可能である。

固有武装は、F-35A型のみが GAU-22/A 25mm機関砲を機内に固定装備しており、B型とC型では機外搭載オプションの1つとしてステルス性を備えた機関砲ポ ッドが用意される。

Home

HOME

なんとなく全景がわかるアングルの画像

開発の経緯

アメリカのF-16、A-10、F/A-18、AV-8B、およびイギリスのホーカー・シドレー ハリアー、カナダのCF-18などを含む、多種類な戦術航空機を代替する新型機の開発を目的とした「統合打撃戦闘機計画」に基づき、ボーイ ング社のX-32とロッキード・マーティン社のX-35の2種の概念実証機が開発された。

開発競争の結果、2001年10月26日にX-35が選定された。X-35にはF-35の制式名称が与えられ、現在も開発は継続中である。

外形

F-35はF-22に似た[6]、ステルス性に優れた菱形翼のすぐ後方に、主翼と似た平面形の全遊動式水平尾翼を持ち、2枚の垂直 尾翼はステルス性向上のために外側に傾けられている。

主翼付け根前縁から機首先端まで続くチャインは機体の上面と下面を明確に分けており、エアインテーク(インレット) はチャインの下、コックピット後方の左右にある。従来の超音速ジェット機にあったような境界層分離板が無く、胴体側 面の出っ張りによって境界層を押しやる仕組みになっており、ダイバーターレス超音速インレットなどと呼ばれている。

コックピットには前方ヒンジ方式の一体型キャノピーを採用した。これによりアクチュエーターの小型化と重量の軽減が 可能となった。合わせて、整備の際のアクセスも容易となった。電気システムのユニットや整備アクセス関連のユニット を、それぞれ胴体側面に配置した事で少ないアクセスパネルで対応できる。

一つの基本設計を基に、通常離着陸(CTOL)型、短距離離陸・垂直着陸(STOVL)型、艦載機(CV)型と3タイプの開 発・製造を目指すものの、設計の共通性は高い。各タイプの設計に占める独自設計部分はA型が19.8%、B型が32.6%、 C型が43.1%と、最も共通性の低いC型でも50%以上の完全な共通設計、もしくは同類設計が用いられている。

ステルス性については詳細が公表されていないものの、F-22と同様にアンテナやセンサー類の張り出しを極力設けない設計を採用し、F-35では機体フレーム内にそれらを埋め込む事で、その効果を高めている[11]。単発のF-35の機体サイズ自体もF-22と比べて小型化した事で、目視での発見を困難とする(低視認性)

斬新すぎてなにがどこなのかわからない脚収納部?

血も涙もないデザインが近未来的なF-35ライトニングⅡ。初代ライトニングは「双胴の悪魔」のことだと思います。 航空自衛隊に採用されて実はちょっと残念、ユーロファイターだったら嬉し かった。特にアメリカとの軍事関係など気にしないで、「飛行機好き」って 言う意味からの発言ですが、次期主力戦闘機がロシア機でも面白かった 。本当言えば純国産ファイターが最もうれしかった。それが変形してバトロ イド形態になるんならもう死んでもいいワ。

F-16とほぼ同じぐらいのサイズのF-35

 派生型

以下に各タイプの概要を挙げる。なおF-35は現在開発中の機体であり、細かいスペックなどは発表されていない。

F-35A

F-35Aは、F-35シリーズの基本型でアメリカ空軍での使用が考慮されたCTOLタイプ(通常離着陸)。2006年12月15日初飛行。201 7年初期作戦能力獲得予定。

2011年5月9日にロッキード・マーティン社からアメリカ空軍へ本機の納入がされた事が発表された[35]。

F-35B

F-35Bはアメリカ海兵隊のハリアー IIの後継機として使用するために、Yak-141の技術を使用したSTOVL[36]タイプ(短距離離陸・垂直着陸)。2008年7月11日初飛行。2017年より配備予定。

エンジンのノズルを折り曲げて下方に向けることができ、エンジンから伸びるシャフトはクラッチを介して前方のリフトフ ァンを駆動する。リフトファンの吸気ダクト扉は後方ヒンジによる一枚扉となっている。キャノピーの形状はA/Cと違い、 完全な水滴型になっていない。

アメリカ空軍はA-10の後継機にA型ではなくB型を充当することを検討していたが、結局A型に一本化された。

イギリス海軍、イギリス空軍もクイーン・エリザベス級航空母艦の就役を前提に、シーハリアーやハリアー GR.5/7の後継機としてB型の配備を計画していたが、2010年10月25日のストラテジック・ディフェンス・アンド・セキュリ ティー・レビューに伴い、これをC型に変更すると発表。しかし2012年にはC型の開発の遅れや、空母に装備するカタパ ルトやアレスティング・ワイヤーの高価格などを理由に、再びB型に変更することを検討している。

2012年1月11日にF-35Bの完成機2機が、パイロット養成用として初めてアメリカ海兵隊に納入された。同年8月8日には、F-35Bの試験機であるBF-3が大西洋のテストレンジで、高度4,200フィート、速度400ノットで飛行しながら1,000ポンドのGBU-32(JDAM)を胴体内兵器倉から初の投下試験に成功した。

F-35C

F-35Cは、アメリカ海軍での使用を主としたCV[40]タイプ(艦載型)。2010年6月8日初飛行。2017年以降より配備予定。

F/A-18A〜Dの後継機であり、艦載機に要求される低速時の安定性の強化のため、主翼と垂直尾翼を大型化している。ま たニミッツ級、ジェラルド・R・フォード級航空母艦での運用のために、機体構造や降着装置の強化、前脚の2重車輪化 とカタパルト発進バーの装着、アレスティング・フックの強化、特に空母格納庫スペース節減のための主翼の折り畳み 機構を追加している。これらにより機体重量は増大している。

2010年10月25日、イギリスはストラテジック・ディフェンス・アンド・セキュリティー・レビューにより、調達機をB型ではな くC型に切り替えると発表されたが、2012年に再度B型に変更することを検討しており、C型を使用が確定しているのは 2012年現在アメリカ海軍のみとなった。

海軍独自に開戦第一撃を担える機体を必要としたため、シリーズ中もっとも高いステルス性を誇る。

正面から見た脚の位置関係などがよくわかる画像。

新旧のライトニング、どちらが好きかはあなた次第

資料 資料