殲撃十型

J-10(殲撃十型、Jian-10、歼-10)は中華人民共和国の航空機メーカー、成都飛機工業公司によって設計され、現在も生産が行われている 中華人民共和国の戦闘機。西側諸国ではヴィゴラス・ドラゴン(Vigorous Dragon:猛龍)と呼ばれる[1]。

高価な主力戦闘機J-11(Su-27)とともに配備され機数を確保する混合運用(ハイ・ロー・ミックス)のための軽戦闘機として開発・配備された。

資料

カナード翼が付いて、マルチロール機にな るとどれもこれもよく似た機 体になるのだが、これは似すぎてない?

Home

HOME

資料 イスラエルが開発していた「ラビ戦闘機」 中国のJ-10戦闘機 スエーデンのグリペン フランスのラファール ドイツ・イギリス他のユーロファイター

グリペンとJ-10はそれほど似てない。インテイクの位 置が違う。

ラファールとJ-10もそれほど似てない。インテイクの位置 が違う。それに伴う機首の形状も全然異る 。ラファールは双発だしね。

ユーロファイターとJ-10は、ちょっと似てる?でも、カナードの位 置が戦前違う。

あまりかっこよくないJ-10、なぜなら三面図をコピーしたようなレイ アウトだから、微妙にバランスが悪い。あえ て言うならデッサンが崩れている・・・

カナード翼やインテイクが似ている位置にある「ユーロファイター」だが、コクピット 、カナード、エアインテークの位置関係が洗練されている。双 発なのでエアインテークも2つあるしね。

ドイツ・イギリス他のユーロファイター 中国のJ-10戦闘機

イスラエルのラビに似てるのでイスラエルが技術供与したかもしれないとうわさが立ったが、イスラエルが技術供与したなら、もう少しマシな 仕上がりになっていたはず。

イスラエルが開発していた「ラビ戦闘機」 足回りがそっくりそのままです。